シロアリのまめちしき


 日本に生息するアリの中で、建築物に被害を及ぼすアリは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」2種類です。

 シロアリは湿気が多く暗いところが大好きです。

「ヤマトシロアリ」は、ほぼ日本全土に生息しており主に湿った木材を好み地上に近い箇所に被害を及ぼします。

「イエシロアリ」は、南の地域の西の海岸に沿った暖かい地中に生息しています。乾・湿両方の木材を食し、床下から屋根裏まで建物全体に被害を及ぼします。

 4月~6月くらいのムシムシした時期になると、シロアリは羽アリとなって分家の為に飛び立ちます。この時期に飛び立つ羽アリを見たらすでに被害にあっている可能性が高いといえます。



シロアリと普通のアリの見分け方



ふつうのアリは胴体がくびれていますが、シロアリにはくびれが無く「寸胴」です。


普通のアリは触覚が曲がっていますが、シロアリはまっすぐです。


シロアリの羽は4枚とも同じ大きさ、形をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

pic-23

関連記事

無料調査
流れ
無料調査流れ
シロアリ駆除、防止
ねずみ駆除、防止
床下換気
よくある質問
ページ上部へ戻る