シロアリは知らないうちにあなたのお住まいを食い荒らし、
3万~5万匹単位に増えると分家のために羽アリとなって飛び立ちます。

4月~6月のむしむしした時期になると、
羽アリ(シロアリ)が大量発生する場合があります。
羽アリが出たときには、すでにシロアリの群れが住み着いている
という証拠です。

最近、こんなことはありませんか?

羽アリを見た!

床を歩くとふかふかきしむ

湿気が多い(結露がたまりやすいなど)

柱をたたくと空洞音がする

ご近所でシロアリを駆除した家がある。

上記のチェックで1つでも当てはまる場合、無料調査をおすすめします!

基礎がコンクリートでもシロアリは関係なく侵入してきます。
被害を進行させないためにも、早期発見・予防が大切です。
ご気軽にご相談ください。

シロアリのまめちしき

 日本に生息するアリの中で、建築物に被害を及ぼすアリは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」2種類です。
 シロアリは湿気が多く暗いところが大好きです。
「ヤマトシロアリ」は、ほぼ日本全土に生息しており主に湿った木材を好み地上に近い箇所に被害を及ぼします。
「イエシロアリ」は、南の地域の西の海岸に沿った暖かい地中に生息しています。乾・湿両方の木材を食し、床下から屋根裏まで建物全体に被害を及ぼします。
 4月~6月くらいのムシムシした時期になると、シロアリは羽アリとなって分家の為に飛び立ちます。この時期に飛び立つ羽アリを見たらすでに被害にあっている可能性が高いといえます。

シロアリと普通のアリの見分け方

ふつうのアリは胴体がくびれていますが、シロアリにはくびれが無く「寸胴」です。

普通のアリは触覚が曲がっていますが、シロアリはまっすぐです。

シロアリの羽は4枚とも同じ大きさ、形をしています。

お問合せ

pic-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

pic-23

関連記事

無料調査
流れ
無料調査流れ
シロアリ駆除、防止
ねずみ駆除、防止
床下換気
よくある質問
ページ上部へ戻る